ホーム > 龍華堂ご案内 > 雲龍院の永代供養

龍華堂ご案内

雲龍院の永代供養

雲龍院の納骨堂「龍華堂」完成!

後光厳天皇、後円融天皇、後小松天皇の三帝をはじめ、歴代天皇をお祀りする「禁裏の御寺」雲龍院。天皇家ゆかりの雲龍院に、このたび、特別永代供養墓の納骨堂として「龍華堂」が誕生します。現世を逞しくも美しく生き抜き、そして天寿を全うした後には、この国が誇る名刹で安らかに眠る。その栄誉と幸せを、ぜひあなたのものに。心からの永代供養で、あなたの永遠の眠りをお守りします。

一三七二年創建、歴代天皇ゆかりの雲龍院

京都駅のほど近く、清水寺や東福寺を間近に臨む京都・東山の奥座敷に位置する真言宗 泉涌寺派 別格本山「雲龍院」は、南北朝時代の一三七二年に北朝第四代天皇後光巌天皇御本願に創建された歴代天皇ゆかりの菩提寺です。

人生のこれからを、この寺とともに「歩む」。

開山以来、六百四十年もの歳月が育んだ四季折々の風情は、まさに見事の一言。さあ、京都への小旅行をかねて、お気軽にご参拝ください。

教えを学び、人のあり方を「悟る」。

日本最古の写経道場で、写経に勤しむもよし。薬師寺如来の慈愛に抱かれるもよし。写経道場では、どなたでもお気軽に写経をご体験いただけます。

美しく生き抜き、安らかに「眠る」。

天皇家ゆかりの「雲龍院」をあなたの菩提寺になさいませんか。いまご希望の方に、雲龍院写真集/菩提寺案内誌「歩む、悟る、眠る」をお送りしています。


ページトップへ